FC2ブログ
HOME   »  マスク
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
年も明けて新たな気持で仕事をしていますが、
去年から気を付けていることがあります。
それはアルコール消毒です。



外で色々な方と接してからご利用者様の家に訪問する仕事である福祉用具専門相談員は、
感染症などには人一倍注意する必要があります。

ですから、私は個人で持ち歩ける携帯用アルコール消毒液を携帯しています。

これが一つあるだけで大変な予防になっていると思っております。


インフルエンザウイルスなどの予防のためにも携帯用アルコール消毒液は大変効果があるそうです。
感染拡大防止に有効なマスクと比べても、
アルコール消毒液は直接的な予防効果の面ではマスクよりも効果があるそうです。


人間は自分でも気がつかないうちにいろいろなものを触っています。
それは他人も同じこと。

電車の吊革、共同のパソコン、ドアのノブ…


不特定多数の人間が触る部分によってウイルスがリレーをしているのです。


そのリレーのバトンを落とすのがアルコール消毒液なのです。



それまでに手についてしまったウイルスを完全に死滅させることができるのです。




福祉用具専門相談員としてご利用者様のお宅に伺う際にも、
アルコール消毒をすることは大切なのではないかと考え、
個人的に携帯用アルコール消毒液を持ち歩いている次第です。

スポンサーサイト
スポンサードリンク
前回の記事ではマスクを着用することの効果を説明しましたが、
今回はマスクの選び方について調べましたので発表します。


マスクって色んな形がありますよね。
ギザギザ模様が付いているタイプや、ドーム状になっているタイプ。


形によってどう違うの?
ということで調べてみました。


マスクの形は大きく分けて3つに分かれます。

平型マスク
bdcam 2011-01-14 19-47-40-832

最も一般的な形マスクです。平型マスクの特徴は保湿性と保温性に優れている点です。
保湿性と保温性が高いので喉を乾燥から守る効果に優れています。


プリーツ型マスク
bdcam 2011-01-14 19-47-44-883

ギザギザ模様になっているマスクがこのプリーツ型マスクと呼ばれる形のマスクです。
全面がプリーツ状になっているのでマスクをしたまま話をしてもマスクがズレにくいという特徴があります。福祉・介護の仕事をしている人はこの形のマスクを着用していることが多いです。



立体型マスク
bdcam 2011-01-14 19-47-58-024

人間の顔の形に合わせて作られているので、顔にピッタリとフィットします。
マスクと口の間に空間ができるように設計されているため、マスクをつけたままの会話もスムーズに行なえます。
女性にとっては口紅うつりを防ぐことができるというメリットもあります。




マスクの選び方

それではマスクを購入する際に注意するポイントを説明します。

マスクとはいえやはり体に身につけるものですので一番気をつける点は装着感です。

・サイズは合っているか
・顔との間に隙間が出来ていないか
・耳掛けで耳が痛くないか
・呼吸がしにくくないか


装着していて不快だと仕事にも影響がでますので付けてみてフィットしたものを選びましょう。

飛沫拡散の面から見た場合にも顔との間に隙間ができているマスクは風邪の菌やインフルエンザウイルスを防止する効果が弱まりますので、サイズを合わせるというのは大切なポイントです。




私が福祉用具専門相談員として活動している時に使用しているマスクはプリーツ型のマスクです。
理由としては、基本的には使い捨てなので清潔が保たれやすいことと、他のマスクに比べて安価であるということがあげられます。
スポンサードリンク

福祉、介護の業界で仕事をするものにとって今やマスクは必需品となっています。
特に近年のインフルエンザの流行などでその傾向はますます強くなっているように感じます。


では、マスクをすることによりどのような予防効果があるのでしょう?
実際自分もよくわかっていなかったので今回調べてみました。


マスクを着用することで得られる効果で一番大きいのは
「飛沫感染の防止」
ということのようです。

「飛沫感染」とは咳やくしゃみをしたときに口から飛び出す小さな水しぶきのこと。


もしインフルエンザに感染している人がマスクをしないで
咳やくしゃみをすると、その勢いで、
インフルエンザウイルスが空気中に散らばってしまうのです。


つまり、マスクを着用することは風邪やウイルスに感染するのを防ぐものというよりも、他人に感染させないように装着するという意味合いが強い道具だということです。



このマスクについての効果を知って、
ますますマスクを着用することの重要性を感じました。
なぜならば我々は、ご利用者に風邪やウイルスに触れさせないようにすることを考えなければいけない職業だからです。

我々が感染者だった場合でもマスクをしていればそれを外部に飛び散ることを防げるのです。


マスクの仕組みを知って、例えマスクをしていない日常の場面でも、
咳やくしゃみをするときには口を手で覆うとか顔をそらすといった行為はマナーとして徹底していこうと感じました。


はじめに
現役福祉用具専門相談員として活動しているブログ管理人ナッパの「福祉用具専門相談員の仕事ブログ」です。

●福祉用具専門相談員の仕事内容
●福祉用具の種類・使い方
●住宅改修について


を主に取り扱っています。


福祉用具について知りたい方、福祉用具専門相談員に興味のある方の参考になれば幸いです。それではよろしくお願いします。

プロフィール

ナッパ☆

Author:ナッパ☆
福祉用具専門相談員と福祉住環境コーディネーター2級の資格を持って福祉用具のレンタル販売・住宅改修の仕事をしています
連絡先はこちら
kaigoyougufukusi☆gmail.com
☆を@に変えてメールください。

ランキング応援クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
~就職してからの思い~福祉用具専門相談員の仕事内容ipod touch wifiとルーターのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。