HOME   »  歩行器
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
介護保険を適用してレンタルできる福祉用具の中に歩行器という種目があります。
この歩行器の部類に属するもので歩行車(歩行補助車)というものがあります。

そして、福祉用具のカタログなどを見ていると歩行車と表記されているもの、シルバーカーと表記されているものの違いを見つけることがあります。

では歩行車とシルバーカーはどう違うのでしょうか?


結論から申し上げますと

◎歩行車は介護保険を適用できる。
◎シルバーカーは介護保険の適用ができない。


ということになります。

ではどのような区別がされているのか?

一見見ただけでは同じような形をしている歩行車とシルバーカー。

ですが介護保険の規定による明確な違いがあります

それはハンドル(握り)の位置です。
歩行車は歩行訓練を行うためのものである為、良い姿勢を取ることができるようにハンドル(握り)が使用者の側方にあります。
bdcam 2010-12-16 11-34-10-696

対して、シルバーカーは使用者の前方にハンドル(握り)が位置しているものがほとんどです。ハンドルが前方にあるため、使用時に前かがみの姿勢になります。
円背の方にとってはハンドルが前方にあったほうが楽に使用できるということもあるのですが、この構造の場合はシルバーカーの括りとして扱われ、介護保険の適用ができません。
bdcam 2011-02-12 18-47-40-042


さらに歩行器(車)の介護保険のレンタルの基準として、
「ハンドル(持ち手)が四輪の内側にあること。
体の3方向に安全のためのバー(もしくはベルト)があること。」

という基準があります。
この要件を満たしたものでなくては介護保険を適用したレンタルはできません。


同じような福祉用具でもこういった違いがあるのです。


スポンサーサイト
スポンサードリンク
今回ご紹介する商品はパラマウントベッドの歩行器「ハンディーウォーク」
bdcam 2010-12-24 19-51-04-669



折りたたみ可能な歩行器は多いですが、
このハンディーウォークという歩行器はかなりコンパクトになるので、
スペースの少ない環境での持ち運びに適している仕様となっています。
車での歩行器の移動を伴う方は非常に助かるのではないでしょうか?
また、普段の省スペースも期待できる福祉用具となっています。


歩行補助の特徴としては、タイヤの口径が20cmと大きめに設計されており外出時の多少の凹凸は問題なく越えられます。

ハンドルの高さはもちろん身長に合わせて調節できます(5段階)



触ってみた感触としては、「非常に軽い」「安定感がある」
といった印象でした。

そのコンパクトさから耐久性はどうかな、と思っていたのですが、とても安定感があり取り回しに優れている印象を受けました。

この歩行器は体のサイズに合う方ならば非常に適切な福祉用具だと感じています。


ちなみに折り畳み時の写真はこちらです。
このサイズまでたためるものはあまり見かけませんね。
bdcam 2010-12-24 19-51-52-115
スポンサードリンク


今回は歩行器の中でも、
足の部分が車輪となっている「歩行車」の種類を解説していきます。





『肘支持型歩行車』

屋内での使用に適した歩行車です。

フレームの上の部分に肘をついて体を支えます。
4つの足の部分が車輪となっていますので、体重をかけながら前進して操作します。

【対象者】
自立歩行が困難となった方でもバランスをとりながら歩行できます。
車輪が小さいため、屋外での使用は平らな場所に限られます。
また、足が車輪なので坂道では使用することができません。






『四輪歩行車』

屋内屋外問わず使用できる歩行車です。

自転車のそれに似たハンドルが付いており、ブレーキをかけることができるものもあります。
腰掛け用の座椅子が付いているものも多く、外出時の休憩にも使用できます。
車輪の大きさによって取り扱いの感触が変わってくるので様々なものを試すことをおすすめします。

【対象者】
外出などの長い距離を歩き続きることが困難な方。
小物入れが搭載されているものもありますので買い物などの用途にも適しています。






『シルバーカー』
屋内屋外問わず使用できます。

四輪歩行車と形状、用途は似ていますたが、
シルバーカーのカテゴリに属するものは特定福祉用具ではないので、レンタル、購入ともに介護保険の適用はありません







歩行器、歩行車、シルバーカー、共に選定はカタログ上では難しい場合があります。

福祉用具の
●高さ
●重さ
●タイヤの大きさ
●ブレーキの有無


ご利用者様の
●体の大きさ
●筋力
●バランス


●福祉用具を使用する環境。


そして
●デザイン


これらの要素がすべて選定に大きく関わってくるのが歩行器です。

経験によってある程度は検討はつくようにはなりますが、
デモ(お試し)していただく際には複数の候補の中から選ぶことをおすすめします

はじめに
現役福祉用具専門相談員として活動しているブログ管理人ナッパの「福祉用具専門相談員の仕事ブログ」です。

●福祉用具専門相談員の仕事内容
●福祉用具の種類・使い方
●住宅改修について


を主に取り扱っています。


福祉用具について知りたい方、福祉用具専門相談員に興味のある方の参考になれば幸いです。それではよろしくお願いします。

プロフィール

ナッパ☆

Author:ナッパ☆
福祉用具専門相談員と福祉住環境コーディネーター2級の資格を持って福祉用具のレンタル販売・住宅改修の仕事をしています
連絡先はこちら
kaigoyougufukusi☆gmail.com
☆を@に変えてメールください。

ランキング応援クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
~就職してからの思い~福祉用具専門相談員の仕事内容ipod touch wifiとルーターのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。