HOME   »  福祉用具専門相談員
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
このブログでは福祉用具専門相談員として就職し、働いている中で感じたことや、具体的な仕事内容について書いているのですが、今回は福祉用具専門相談員だけでなく「介護・福祉業界の今後」についての個人的見解を書いていきたいと思います。



●高齢化社会はまだ来ていない

世間では戦後の団塊の世代が大量に退職して高齢化社会に突入したと言われています。たしかに、日本国の平均年齢は確実に高齢化しており、年金問題などの社会保障の問題も表面化してきています。


ただ、介護職に関して言えば、「まだ高齢化社会にはなっていない」と考えています。


その理由は介護を受け始める年齢の問題です。


現時点での日本の退職年齢は現在60歳というのが主流です。

現在の60歳の方って元気ですよね?親戚でも60歳の人って元気ですし、芸能人を見ても60歳ならまだまだ現役バリバリで働いている方もたくさんいます。

平均寿命が伸びている現代では60歳という年齢は「まだまだ現役で元気な方」が多いのです。

こう考えると「介護・福祉の世界での高齢化社会」はまだ先のことなのです。




●10年後の介護・福祉職に求められること

この団塊の世代といわれる方々も10年後には70歳。
そうなると徐々に介護保険などを利用する年代に入ってきます。

もちろん、我々介護・福祉に携わる人間も忙しくなることでしょう。もしかしたら人手が足りなくなり、現在、業界での問題となっている賃金面にも改革が行われるかもしれません。


ただし、現在元気な団塊の世代の方々が介護・福祉サービスを受けるようになった時には、サービスをする我々には今よりももっと専門的な知識が求められることは間違いありません。


というのも、現在60歳前後の方々は戦後の日本でバリバリに働いてきた世代です。パソコンを使いこなしている方も決して少なくありません。


そんな方々に対して、一部で行われている、ロクな説明もせずに「売れ売れ」のサービスを提供している会社、個人は必ず淘汰されていくと考えています。


こう言っては非常に心苦しいのですが、現在は「介護保険や福祉サービスについて何も知らない高齢者の方」もいらっしゃるのです。そして、「介護・福祉の専門家」という肩書きを持ってそのことにつけこみ、必要のないサービスや商品を販売している会社も存在します。


ですが、今後は「本当に必要な知識やサービスを提供できる会社、個人」でなければ生き残れなくなって行くことでしょう。



そして、10年後もしっかりとこの業界で働いていくためには、「今、ご利用者様とどれだけ真剣に向き合っているか?」「新しい知識を日々どれだけ貪欲に吸収しているか?」にかかっていると考えます。



「高齢化社会がくるから介護・福祉の職業は安心だ」と安易に考えている方は、こういった危機感をもって活動しなければならないのではないでしょうか?




福祉用具専門相談員として活動している私も、改めて自分の仕事に対して真剣に取り組んでいきたいと思います。
スポンサーサイト
スポンサードリンク
お盆期間中といっても介護・福祉業界が完全に休みにはなりません。いつ何時どんなことがあるかわかりませんからね。もちろん福祉用具専門相談員としてもそれは同じこと。

私もお盆期間中は出勤させてもらったんですが、ここ数日は一人暮らしのご利用者様のお宅に重点的に回らせて頂きました。その理由の1つとして「お盆期間中に親戚となかなか会えない方は寂しくないかな」ということがありました。

ご家族と同居されているご利用者様もいらっしゃいますが、福祉用具をレンタルされているご利用者様で一人暮らしをされている方もたくさんいます。

一人暮らしに慣れているとは言え、やはり普段話し相手がいないのは寂しい面もあると思うんですね。

そんな一人暮らしのご利用者様にとって、ヘルパーさんだったりケアマネジャーさんだったり私たち福祉用具専門相談員だったりが訪問した時は、仕事上の会話もあるのですが、世間話をするいい機会にもなるのです。

人によっては福祉用具の話はそこそこに、孫の事だったり、以前されていた仕事の事だったり、テレビのニュースの事だったりを長い時間話される方もいらっしゃいます。

もちろん1日にたくさんのご利用者様のお宅を回ろうとするならば、最低限の会話だけで済ませて次のお宅に伺うのが仕事上の効率としては良いのでしょうが、ご利用者様の事を考えた時にそれはいかがなものか?とも思うわけです。

「うさぎは寂しいと死んでしまう」なんて事を聞いたことがあるのですが、人間だってそれは同じ事だと思うのです。やっぱり誰かと関わって触れ合ってこそ精神的な安定も得られるし健康でいられるはずです。

そういう意味で、私はご利用者様と会う時には他愛もない世間話をすることはとても大事な事だと思っています。

とはいえ、昨日一人のご利用者様の家で3時間も時間を潰してしまったのは会社には内緒のここだけの話です 笑
スポンサードリンク
私の職場にも新しい社員が入ってきました。仮にA君とします。

この間はじめて一緒にご利用者様のお宅に伺ったのですが、A君は福祉用具や介護用品をなりふり構わずに売り込んでいました。

「この車椅子は最新式で人気があるんですよ」
「防水シーツで新しいのが出たので試してみませんか?」

など。。


たしかに私たちが所属しているところも福祉用具を扱って販売やレンタルをして報酬をいただく営利会社には違いないのですが、あまりにも露骨な売り込み姿勢を見てかなり残念な気持ちになりました。

営業バリバリの会社ならいざしらず、福祉用具専門相談員というのはご利用者様とそのご家族が少しでも快適に、安心して生活ができるように「福祉用具・介護用品」を通じて支援させていただく立場です。

今回のA君の提案は「最新式」とか「人気」といった観点での提案でした。福祉用具はご利用者様の身体状況や生活環境に合わせて選定すべきもので最新式だとか人気の商品を勧める理由は何一つないのです。

現在のご利用者様に最適な福祉用具だったり住宅改修の提案をして、ご利用者様が少しでも快適な生活ができるようになった結果として、お給料をいただけるものであって、必要のないものを売り込んで儲けるような仕事ではないのです。


今回のA君の行動は「会社のためにがんばろう」という気持ちが出すぎてしまった結果であり、悪気はなかったと思ったのですが、どうもA君はそのあたりを誤解していたようなので、帰り道にやんわりと注意しておきました。

少々凹んでしまったようですが、私のいいたいことは理解してくれたみたいで翌日はご利用者様とご家族の話をよく聞いて話をするように気を付けていたように感じられました。

はじめに
現役福祉用具専門相談員として活動しているブログ管理人ナッパの「福祉用具専門相談員の仕事ブログ」です。

●福祉用具専門相談員の仕事内容
●福祉用具の種類・使い方
●住宅改修について


を主に取り扱っています。


福祉用具について知りたい方、福祉用具専門相談員に興味のある方の参考になれば幸いです。それではよろしくお願いします。

プロフィール

ナッパ☆

Author:ナッパ☆
福祉用具専門相談員と福祉住環境コーディネーター2級の資格を持って福祉用具のレンタル販売・住宅改修の仕事をしています
連絡先はこちら
kaigoyougufukusi☆gmail.com
☆を@に変えてメールください。

ランキング応援クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
~就職してからの思い~福祉用具専門相談員の仕事内容ipod touch wifiとルーターのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。