HOME   »  2011年09月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
スポンサードリンク
ご無沙汰しております。ナッパです。

一時期はブログを毎日更新していたのですが、最近は完全に月に一度のペースとなってしまっているのは困りものですね。

ブログの更新頻度が下がって気づいたことなんですが、どうやら一ヶ月くらい更新しないと、ブログの最初のページに大きな広告が入るようです。

というわけで「最低でも月に一回は投稿できるようにしよう」と考えてます。

全く関係のない話題で恐縮です。


●認知症治療薬開発のニュース

さて前置きが長くなりましたが、今回は先週見たニュースの中で気になったものがあったので紹介したいと思います。

福祉用具専門相談員として、ケアマネジャーさんや業者さんとの会話の中で介護・福祉の新しいニュースを知ることも多いのですが、インターネット上で情報を得ることも多々あります。

今回見かけたのは「認知症」について。

福祉用具に関わらせていただいてる関係で、これまで認知症の方と接する機会も多々ありました。
認知症へのイメージの変化
認知症の方とのトラブルと学んだこと
認知症の方へポータブルトイレをレンタルした話


私自身、実際に自分の家族に認知症の人間ががいるわけではなく、本当に認知症というものを理解しているとはとても言えませんが、ケースによっては当人やご家族の方が非常に悩んでしまわれることがあるというのは経験上感じています。


認知症に対して悩んでおられる方、またはご家族にとって、もしかしたら明るい話題になるのではないかとニュースがこれです。

【認知症を根治するワクチン 早ければ5年後に製品化も】


認知症の約6割を占めているアルツハイマー型の新しい治療薬が開発されたとのことです。

効果については

「すでに大きな効果を発揮しているが、いずれも認知症の症状を軽減して進行を遅らせるものであり、根本的な治療薬ではない」



とのことですが、アルツハイマー型認知症の原因についても研究は進んできているようで、このニュースの最後には

「5年後には、認知症は「防げる」「治る」病になっているかもしれない」



との記述があり、大変興味深く感じ、今回ご紹介させて頂きました。




ここからも私個人が感じたことを書かせて頂きますが、一般的には認知症というものは、悲観的に捉えられることが多いものです。「認知症になってしまってかわいそうに」「大変だろうに」などと。


この例に漏れず、私自身も当初は同じようなイメージを持っていました。しかし、これまで福祉用具専門相談員として色々なご利用者様、ご家族と関わらせていただいた過程において「必ずしもそうではない」という気持ちになったことは大きな進歩だと感じています。


具体的に言うと、認知症が全ての場合において悲観的に受け取られているということはないのです。認知症自体をその方の個性として楽しく生活されている方は多くいらっしゃるのです。




今回は久しぶりの更新となりましたが、認知症治療薬のニュースとその開発を願うと同時に、認知症の方とそのご家族への私のイメージの変化も記させて頂きました。
はじめに
現役福祉用具専門相談員として活動しているブログ管理人ナッパの「福祉用具専門相談員の仕事ブログ」です。

●福祉用具専門相談員の仕事内容
●福祉用具の種類・使い方
●住宅改修について


を主に取り扱っています。


福祉用具について知りたい方、福祉用具専門相談員に興味のある方の参考になれば幸いです。それではよろしくお願いします。

プロフィール

ナッパ☆

Author:ナッパ☆
福祉用具専門相談員と福祉住環境コーディネーター2級の資格を持って福祉用具のレンタル販売・住宅改修の仕事をしています
連絡先はこちら
kaigoyougufukusi☆gmail.com
☆を@に変えてメールください。

ランキング応援クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
~就職してからの思い~福祉用具専門相談員の仕事内容ipod touch wifiとルーターのブログ