HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト介護保険  »  介護保険における特定疾病とは?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
介護保険のサービスを受けることが出来るのは65歳以上の高齢者に限られます。

ただ例外として要介護状態にある40歳~65歳未満の方で、
その要介護状態が特定疾病によって生じたものであるならば介護保険の要介護者に当たるとされています。

私が担当させていただいているご利用者様の中にもこの特定疾病の方がいらっしゃるので自分自身の勉強の意味で今回はまとめてみました。


現在介護保険法で定められている特定疾病とは…


1 がんの末期

2 関節リウマチ

3 筋萎縮性側索硬化症(ALS)

4 後縦靭(じん)帯骨化症

5 骨折を伴う骨粗鬆(しょう)症

6 初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症など)

7 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病

8 脊髄小脳変性症

9 脊柱管狭窄(さく)症

10 早老症

11 多系統萎縮症(シャイ・ドレーガー症候群など)

12 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症

13 脳血管疾患

14 閉塞性動脈硬化症

15 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息など)

16 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症




以上の16種類です。
中には日常生活では聞いたことがないような名称の疾病もありますが、
福祉用具専門相談員として介護保険に携わる立場ならば最低限名称だけは覚えておかないといけない項目でしょう。

NEXT Entry
介護福祉職の言葉づかい
NEW Topics
青ネギ、白ネギ発芽
ニラ発芽
広がった花の撤去作業
アスパラ菜発芽
旦那のマッサージと塗り薬のおかげ
Entry TAG
特定疾病   介護保険   福祉用具専門相談員   脊髄小脳変性症   筋萎縮性側索硬化症(ALS)  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
はじめに
現役福祉用具専門相談員として活動しているブログ管理人ナッパの「福祉用具専門相談員の仕事ブログ」です。

●福祉用具専門相談員の仕事内容
●福祉用具の種類・使い方
●住宅改修について


を主に取り扱っています。


福祉用具について知りたい方、福祉用具専門相談員に興味のある方の参考になれば幸いです。それではよろしくお願いします。

プロフィール

ナッパ☆

Author:ナッパ☆
福祉用具専門相談員と福祉住環境コーディネーター2級の資格を持って福祉用具のレンタル販売・住宅改修の仕事をしています
連絡先はこちら
kaigoyougufukusi☆gmail.com
☆を@に変えてメールください。

ランキング応援クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
~就職してからの思い~福祉用具専門相談員の仕事内容ipod touch wifiとルーターのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。