HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト車椅子  »  車椅子の非常に簡単な知識
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
車椅子の定義って本当に簡単に分けると2種類にわけることができます。

それは「介助式」か「自走式」かということです。

「介助式」は
介助者が後ろから運転することで移動が可能となるタイプの車椅子。

車椅子に乗っている人間は自分で車椅子を動かすことはできません。



反対に「自走式」とは
利用者様ご本人が自分で車輪を回して移動できるタイプの車椅子。

両車輪の横にハンドリムと呼ばれる輪がついており、
それを回すことによって車椅子が動く構造になっています。
もちろん介助者が後ろから操作することも可能です。


一見「自走式」の方がいいことが多く自走式で全て済ませられるように思えますが、
そうとも限りません。

なぜなら車椅子を使う場所が関係してくるからです。


「自走式」の車椅子はハンドリムがある分、車椅子自体の横幅が大きくなってしまいます。
家の廊下などでは狭くて通れないということがあります。

また、車椅子を使うときには移動先で使うということがあります。
つまり運搬が伴う場合のことです。

仮に自動車で車椅子を運ぶ場合、車椅子をいれるスペース、さらにトランクに入れる際には持ち上げることが必要になりますので車椅子自体の重さも大切な要素になってきます。

スペース・重さ共に介助式のほうが利用しやすい場合が多くなっています。


介助式、自走式の違いだけでも注意するポイントはこれだけあります。
利用者様本人だけでなく周りの介助者への負担も考慮に入れて選定することが必要です。
NEXT Entry
工夫って大事!歩行補助杖の滑らない工夫
NEW Topics
青ネギ、白ネギ発芽
ニラ発芽
広がった花の撤去作業
アスパラ菜発芽
旦那のマッサージと塗り薬のおかげ
Entry TAG
介助式   自走式   車椅子   介助者   利用者様   重さ   負担     
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
はじめに
現役福祉用具専門相談員として活動しているブログ管理人ナッパの「福祉用具専門相談員の仕事ブログ」です。

●福祉用具専門相談員の仕事内容
●福祉用具の種類・使い方
●住宅改修について


を主に取り扱っています。


福祉用具について知りたい方、福祉用具専門相談員に興味のある方の参考になれば幸いです。それではよろしくお願いします。

プロフィール

ナッパ☆

Author:ナッパ☆
福祉用具専門相談員と福祉住環境コーディネーター2級の資格を持って福祉用具のレンタル販売・住宅改修の仕事をしています
連絡先はこちら
kaigoyougufukusi☆gmail.com
☆を@に変えてメールください。

ランキング応援クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
~就職してからの思い~福祉用具専門相談員の仕事内容ipod touch wifiとルーターのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。