FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト入浴補助用具  »  浴槽内椅子の機能
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

【浴槽内椅子】

浴槽内椅子とは一般的には「浴槽台」と呼ばれる福祉用具で、
使用方法はその名のとおり浴槽の中にて使う台のことです。




用途は主に2つのパターンがあります。



1つ目は踏み台としての利用

各家庭によってお風呂の形状は異なります。
従って浴槽内の深さも様々です。
様式タイプの浴槽ですと比較的浅く400mm~450mmの浴槽が多いです。


しかし、和式の浴槽となると深さが450mm~650mmのものがあり、
浴槽の壁をまたいで入るとなるとかなりの深さとなり、動作として困難になる場合が多くなります。

そういった場合に浴槽台を使用することによって、
浴槽の壁をまたいでから足を設置するまでの距離を短縮することができ、入浴を安全にすることができます。

もちろん浴槽から上がるときにも踏み台として利用できますので安全に上がることができます。



そして2つ目の利用方法。
それは椅子としての用途です。

先程も書きました通り、和式の浴槽は深いもの多く、
浴槽内でバランスを上手く取れない利用者様の場合、頭までお湯に使ってしまう場合があります。
そういったときに、浴槽台に腰掛けることによって姿勢を安定させることができます。




//////////////////////////////////////////////////////////////////



次に、浴槽台の選定についても重要なポイントがあります。
順を追って解説していきます。


【高さの調節が出来るもの】
これはほとんどの浴槽台についている機能です。
高さを調節することで湯船に浸かって腰掛けた時の体の高さを調節します。




【足が吸盤状になっているタイプ】
このタイプを選定するときは浴槽の底の形状を確かめて下さい。
吸盤になっているため、そこが平らな面でないとくっつけることができません。
吸盤なのでしっかりとくっつき、滅多なことではずれないので安心使用することができます。
しかし、吸盤なので吸着をしっかり確認しないと横滑りを擦る可能性はあります。

また、軽い素材で出来ていますので取り扱いも楽にできます。






【足がゴムでできており、ステンレス製で自重で沈むタイプ】


このタイプを選定する場合は...

・浴槽の床に凹凸がある場合
・浴槽の床がザラザラしている場合
・木製の浴槽の場合

に使用します。
もちろん平らな床にも使用できますので前述のタイプと比べて選んでいただけます。

このタイプの場合洗い場での踏み台や椅子としての利用も可能となります。






浴槽台は導入してみると非常に便利なので是非とも試してみてほしい福祉用具の1つです。

浴槽の大きさに合わせて小さな商品も出ているのでよく検討してみてください。
NEXT Entry
入浴台(バスボード)の機能
NEW Topics
青ネギ、白ネギ発芽
ニラ発芽
広がった花の撤去作業
アスパラ菜発芽
旦那のマッサージと塗り薬のおかげ
Entry TAG
入浴用椅子   浴槽台   吸盤   福祉用具   椅子   踏み台   またぐ   浴槽      姿勢  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
はじめに
現役福祉用具専門相談員として活動しているブログ管理人ナッパの「福祉用具専門相談員の仕事ブログ」です。

●福祉用具専門相談員の仕事内容
●福祉用具の種類・使い方
●住宅改修について


を主に取り扱っています。


福祉用具について知りたい方、福祉用具専門相談員に興味のある方の参考になれば幸いです。それではよろしくお願いします。

プロフィール

ナッパ☆

Author:ナッパ☆
福祉用具専門相談員と福祉住環境コーディネーター2級の資格を持って福祉用具のレンタル販売・住宅改修の仕事をしています
連絡先はこちら
kaigoyougufukusi☆gmail.com
☆を@に変えてメールください。

ランキング応援クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
~就職してからの思い~福祉用具専門相談員の仕事内容ipod touch wifiとルーターのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。