HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト介護保険  »  国が教えてくれない介護保険の使い方
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
福祉用具専門相談員としての仕事をしている上での感想として、
介護保険言葉はよく聞きますが、詳しく知っている方は少ないのだと感じています。



介護保険料は40歳から65歳までの間に給料から天引きされる税金です。
65歳以上になったとしても毎月年金受給額に応じて徴収される税金となっています。

月々の支払は人によって多少異なりますが4000円前後の負担となっています。


その介護保険料は一体何に使われているのでしょう?


もちろん介護を必要としている方の援助のために使用されているのですが、
詳しい説明が一般に知れ渡ってはおらず、調べた方のみ知りうる情報となっているのが現状です。



簡単に説明すると、65歳以上の方で体の具合が悪くなってきた方に対して国が定めた基準の身体状況ならば、
介護サービスが通常の1割で受けられるという制度なのです。

福祉用具に関しても厚生大臣が定めた『特定福祉用具』ならば1割の負担で購入することが可能なのです。


しかしながら、この介護保険の仕組は一般的な知識として定着してはおらず、特定福祉用具を国の補助を受けることが可能だということを知らずに購入してしまうケースが多く発生しています。


少なくともこのブログを見て頂いてる方には、
毎月毎月介護保険料を払っているのだから、介護保険の適切な運用をしていただきたいと思います。
NEXT Entry
介護職の報酬が1.5万円アップ厚労省方針
NEW Topics
青ネギ、白ネギ発芽
ニラ発芽
広がった花の撤去作業
アスパラ菜発芽
旦那のマッサージと塗り薬のおかげ
Entry TAG
福祉用具専門相談員   介護保険   介護保険料   特定福祉用具   1割   負担     
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
はじめに
現役福祉用具専門相談員として活動しているブログ管理人ナッパの「福祉用具専門相談員の仕事ブログ」です。

●福祉用具専門相談員の仕事内容
●福祉用具の種類・使い方
●住宅改修について


を主に取り扱っています。


福祉用具について知りたい方、福祉用具専門相談員に興味のある方の参考になれば幸いです。それではよろしくお願いします。

プロフィール

ナッパ☆

Author:ナッパ☆
福祉用具専門相談員と福祉住環境コーディネーター2級の資格を持って福祉用具のレンタル販売・住宅改修の仕事をしています
連絡先はこちら
kaigoyougufukusi☆gmail.com
☆を@に変えてメールください。

ランキング応援クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
~就職してからの思い~福祉用具専門相談員の仕事内容ipod touch wifiとルーターのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。